TOPへ戻る

周囲を山に囲まれた閑静な住宅地、稲荷津市。

そこに住む主人公「成瀬恭一」は、幼馴染の「鈴原千夏」とともに、
平凡ながらも、のどかな学園生活を送っていた。

 

衣替えも終わり、夏に向けてまっすぐに進んでいく、そんな六月のある日、
恭一は、一人のなぞめいた女生徒「姫宮桜子」と出逢う……。

 

これを機に、いきなり生徒会長にさせられてしまった主人公。
これまでの人生を180度変えるような、
目まぐるしいドタバタ(苦難?)の毎日が襲いかかるのだった。