倉敷 凛 ( ぼいすあくたー : 福島 もも )  
 
  「イカイカイカイカ〜♪」 櫻木町にある倉敷神社の巫女さん。
のんびりマイペースで何故か辛いものが大好き。

【 皆川亮一イカ焼きの感想 】
イカ焼きなんて久しぶりだが、
あんなに素敵フードだったかと、してやられた気分だ。
……七味は辛かったが……



「でも、イカ焼きって、すごくおいしいと思いません?」

亮一「あ…、ああ…確かに美味かった」
 いきなりの剣幕に押されてしどろもどろに答える。
凛 「もうわたし、すごい好きです。お祭りでも絶対買っちゃう!」
亮一「そうなんだ……なんか悪いことしちゃったね」
凛 「おいしく、なかったですか?」
 凛が今にも泣きそうな、哀しそうな表情を浮かべる。
亮一「え!? そんなことないよ、おいしかったよ」

確かにやたらと七味がかかっていて、辛かったが、
醤油の匂いに負けて、一気に食べちゃったしな。



「…生きてますか?」  「や……足、触っちゃ、やだ……」
 
さんぷるぼいす1 さんぷるぼいす2   さんぷるぼいす3
 
 
倉敷 結衣 ( ぼいすあくたー : 川瀬 梨稚 )  
  「…だから、凛ちゃんの為に吹くよ」  凛の双子の姉。面倒見の良いお姉さん。
 活発で頭脳明晰。白い袴が愛用品。

 さんぷるぼいす
 
 
籐子  
  「サービスするから許してよ」  亮一の悪友その1。
 美人だが性格は極悪
 
 
 
  「水くさいなぁ、僕たち、友達じゃないか」  亮一の悪友その2。
 籐子の事が好き。
 
 
倉敷 稔  
  「掃き掃除は、楽しめたかな?」  凛と結衣の祖父